看護師と私。人のいのちと関わるということ

看護師の仕事・役割とは

看護師といえば、医者のそばで色々と補助をしたり、救命病棟24時や医龍などでは処置に立ち会い色々な物品を出したりいずれにしても、医者の助手のようなポジションにいるイメージが強くないですか?でも実は、医療の世界では医療者の中で上下関係はないのです。看護師は医者よりも患者のそばに寄り添える、患者にとって一番近い医療者になります。患者の日常生活を家族と共に支えることによって患者の本当の声を聞きだし治療につなげるという大切な役割を補っているのです。

看護師にとって大切なこと

看護師にとって大切なこと、熟練した技術等はもちろんコミュニケーション能力がなにより大事になってきます。あとは、いわゆる「空気を読む」こと。患者は今どういう気持ちなのか、どういったら患者の精神的なケアができるのかを常に考えることで、看護師にしかできない患者の心のケアをすることにつながりますし、患者の気持ちに寄り添うことが何より大切になってきます。友達ではなくあくまで医療者として、しかし患者の気持ちに寄り添うという難しい線引きをしながら看護をしていきます。

看護師という仕事のやりがい

看護師は、患者の入浴から食事介助、排泄まで日常生活のすべてのケアを行いますし、医者と一緒に治療を考え、時に医者の見落としている間違いを指摘したりとかなりハードな職種となります。そんな中で看護師を続ける人々が口をそろえて、やりがいだと思える瞬間は、患者さんに笑顔でありがとうと言われた時、患者さんの表情が明らかに良くなったときだといいます。看護師のように、人の命に立ちあうことは並大抵のことではなく一つ一つの行動に責任が伴います。ですがそれを背負ってたとしても、その重荷をおろしてくれるような喜びを得ることで看護師という職種に誇りを持つことができるのでしょうね。

訪問看護ステーションとは、看護師が医療的処置が必要な人が住んでいる人の在宅に訪問し、ケアを行うことを業務としている事業所のことです。