憧れの職業!保育士の3つのやりがいについて

子供の成長を間近で見れる

子供の間近で働いているからこそ分かる子供の成長があります。たまに会うだけでは気づいたらあれもこれもできてたということがありますが、毎日子どもと等身大で接しているからこそ、子供が毎日頑張っていること、昨日までできなかったことに気づけます。そんな子供の頑張りを見ているからこそ成長したときの喜びは大きいはずです。なので他のどの教育段階よりも成長のスピードが早いので特に成長については感じれる部分が多くなります。

子供に関わることができる

子供が大好きな人にとって、毎日子供と関わることができる保育士の仕事はすごく楽しいです。子供たちは無邪気で素直なのでその素直さにときにはこっちまで元気をもらうことができます。子供のペースにあわせて仕事をする分大変なこともたくさんありますが、その代わりに子供たちから元気をもらえる数少ない仕事なので、子供に接することが大好きな人にはかけがえの無い毎日になるはずです。なので子供との関わりを持ちたい人にはいい仕事です。

地域に根付いた仕事ができる

保育所に入園してくる子供は基本的にはその近隣に住んでいる子供なので、当然その保護者との関わる機会も増えることになります。なので保育士として働くということは、地域の子育てを支援することと地域の保護者を助けて、雇用を支援することにもつながります。なので自分の頑張りがその地域の活性化にもつながるので、とても重要な役割を果たしているということができます。またそういった声を直にフィードバックを受けることのできるのも良い点です。

神奈川の場合、保育士に対する需要が多いことから豊富な求人が存在しています。そのため、保育士の求人なら神奈川で探すことで、魅力的な求人が見つかります。