保育士になりたいけど生きがいは何になるの?

可愛い子供たちと触れ合える

子供が大好きな人は、常に子供たちと触れ合えてそれだけで嬉しいですが、小さな子供とコミュニケーションをとる仕事なので大変ですが、その分生きがいもあり、自らの手で子供たちに笑顔を与えることができますよ。特に泣いている子供を笑顔にすることができた時は、最高の気分になれるでしょう。また、保育士は子供の意志表示に気づいてあげて、女の子と男の子では好きな物も違うため、それぞれの好きなものを理解してあげる必要もありますよ。

子供の成長をサポートできる!

保育園に預けられる子供たちの中には、家で過ごす時間よりも保育園で過ごす時間のほうが、長いという子供も多くなっています。そんな子供たちの成長をサポートできたら、親と同じぐらいの喜びを感じることができますよ。子供は昨日できなかったことが、今日はできたり日々成長しています。そんな子供たちを身近で見れることは、感動して喜ばしいことになりますよね。やはり子供たちの成長を実感できることは、保育士の最大の生きがいになるでしょう。

子供の間違いを教える!

保育士の仕事は、子供の間違いを教えるため、時には子供たちを叱る必要があります。小さい子供を叱るのは胸が痛むものですよね。できれば叱りたくないのですが、そういうことも保育士の必要な仕事の一つになりますよ。子供はとても素直なので、しっかり自分の言葉を聞き入れてくれて、泣いてあやまる姿はいとおしく感じます。次は同じ間違いをしないようにする姿など、成長していくのを身近で実感できることも生きがいの一つになるでしょう。

全国的に保育士の数が減少傾向にあると言われてますが、都心部の保育施設を中心に働きやすい環境作りを心がけている施設も多くあります。働きやすい保育士の求人なら東京に多くあります