身近な保育士だがらない事がある、保育士と言う職業を知る!

保育士とはどういうものか??

保育士とは、児童福祉施設において子供の保育を行う人です。国家資格でもあり、学校によっては保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取る事も出来るようです。昔は保母さんと呼ばれ親しまれていましたが、最近では男性の方もいる事から保育士と変更されたようですね。保母さんと言うとお母さんを連想される事からのようですよ。男性が保育士の資格を取得出来るようになったのは、昭和52年以降でそれ以前は取得出来なかったようです。

保育士免許を取得するには?

保育士の資格を取得するには、2つ方法があるようです。まず大学や短大、専門学校の保育士養成課程を修了か保育士試験に合格するかになります。短大でも資格は取得できますが、大学卒業の方が少し給料が良いなどのメリットがあります。保育士試験は、社会人になってからでも取得出来るようです。ただ、合格率が低く10%程度となっていて難しいでしょう。毎年4万人から5万人くらいが受験していて、人気の資格になっています。通信講座などでも学べるのでそこも人気のようですね。

保育士はどこで働けるのか??

保育士の就職先はと言うと、保育所や児童厚生施設、乳児院や助産施設などたくさんあるようです。最近では民間企業であるベビーシッターや乳児向けの学習塾などもあるようです。育児に関するサービスも増えてきていて、会社の一角に託児所を作りそこに保育士を在中させるかいしゃなどがあったりするようですね。子供がいることで働けない人や、待機児童が多くて保育所に預けられない人などには、とてもいいサービスになっています。

保育園の求人では、調理師や保育士、事務員など多くの職種を募集し、雇用形態も様々あるので安心して勤めることができます。