希望の求人に就職するために意識したいこと

マッチングは大丈夫ですか?

求人情報を探す時に、その人によって希望条件が異なると思います。収入や勤務時間、休日など、どれも大切な条件ですよね。もちろん、それらも無視できないですが、希望条件だけで会社を選ぶと、なかなか採用されなかったり、ミスマッチで会社が合わないということが起きてしまいます。例えば、おとなしい性格の人は、体育会系の社風の企業に行っても、息苦しくなると思います。逆に、落ち着いた雰囲気の会社では、調子のいい人はあまり歓迎されないかもしれません。会社のホームページを読んだり、採用面接の時に職場を観察して、自分に合った会社かどうかを見極めることは大切です。

身だしなみは日々の積み重ねが大事

企業のマッチングが上手くいっても、面接を通らなければ何ともならないですよね。面接では、話す内容も大事ですが、身だしなみも非常に重要な要素です。もし、車や家を買う時やお見合いをする時に、相手がヨレヨレの服を着ていたら、それだけで信頼度は落ちますよね。面接は初対面で一発勝負なので、見た目というシンプルで伝わりやすい要素は、十分に意識しておきたいところです。面接の時だけ身綺麗にしても、海千山千の面接官はそれを見抜くこともあるので、身だしなみが整っているのが自然な状態にするのが好ましいと思います。

面接マナーとコミュニケーション

入退室や頭を下げる時の角度など、テンプレ通りのマナーは大切ですが、型どおりのことをマスターすることが面接の目的ではありません。採用面接というかたちはとっているものの、相手とどれだけコミュニケーションを取れるかという点が結果を大きく左右します。面接官も人間なので、決まりきったやりとりを交わすだけでなく、どんな人柄なのかを知りたがっています。そのため、コミュニケーション力が重要になってきます。「私は会話が苦手だから」という人ほど、日常的な会話を増やすようにして、人と話すことへの抵抗感を減らしていきましょう。自然に話せるようになれば、採用の可能性が高まりますし、面接中の緊張がやわらぐはずです。

施工管理の求人では、有資格者や経験者であると給与体系を優遇してくれるので、やりがいを持って働けます。